3月 2019アーカイブ

洗濯機の設置場所をベランダの近くにすればよかった。

うちは一般的な家ではあると思いますが、1階にお風呂場があり、その洗面所に洗濯機があります。

そして2回には3箇所ものベランダがあります。部屋ごとにベランダはついています。

布団だけ干す時はそのベランダごとに布団を干せばいいのですが、普段の洗濯物は家族が多いのでたくさん出ます。

そういった時に毎日2階まで洗濯物を運んで干す作業はとても大変です。

どうせならば2階にお風呂場でもよかったのではないかと思います。

また、部屋にベランダをつけるという概念も取り除いて、そのお風呂場からベランダに出られるようにして数歩で洗濯物を運ぶことができるようにすればもう少し効率よく毎日過ごせたのではないかと思いました。

一般的な作りであるなら来客があった際などにも特に何も思われないだろう、安心だろうという気持ちがありましたが、もう少し発想豊かに設計士さんと一緒に考えればよかったです。

年齢を重ねると余計に2階までの洗濯物の運ぶ作業が大変になります。

1階にも庭はあるものの、物干し竿を設置していたりましません。

マンションやアパートならばベランダは近いけれど、一軒家ならではの悩みであると思います。

干す場所と洗濯機の位置は重要だと私は思いました。

PR:注文住宅 坂戸市

吹抜にした結果西向きで夏は西日がきつく暑い。冬は寒いので後悔しています

まず、ショールームに行き、吹き抜けの良さを体感。子どもたちも喜んでいたため、家族みんなで、どうしても吹き抜けがほしい!と言う心理になってしまった。

結果、夏は暑く、冬は寒いリビングが出来上がってしまった。

後々、家を建ててくれていた大工さん(話し合いは代理店の担当者)から、「吹き抜けをつける家は珍しいね。ここを潰せば流行りのウォーキングクローゼットも、もしくはもう一部屋取ることだってできたのに、どうしても吹き抜けにしようと思ったの?」と言われ、立てている時点で確かに!と思いました。

その後、暖房の効きの悪いリビングはいつも薄ら寒く、夏場もあつーい家になってしまいました。

家の設計図が出てきた時点で、いろいろな人にどう思う?と打診し、色々な意見を聞くことがとても大事で、実際住んでからどうなるのか、住んでみてどうしていきたいのかと言ったイメージ力がかけていたんだと思います。 

もしも、また、同じような家を建てるとしたら、吹き抜けよりもウォーキングクローゼットを!

西向きの大きな窓よりも、東向きの自然光を取り入れられる心地の良い窓を取り付けて、夏は涼しく、冬は温かい家にしていきたいと思います。

想像力が大事!

あわせて読むとおすすめ⇒帯広市の注文住宅

20歳女性大生のあみです!初めてのブログです。

20歳、都内の某大学に通うあみです。

専攻は政治経済で、今は趣味で韓国語を勉強しています。

大学でのこと、バイト先のこと、恋愛のことなど思ったことを素直に書き留めていこうと思います。

その時に思ったことを素直に文字におこすので、多少過激になってしまうかもしれませんが許してください!

美容/恋愛のことが中心になると思います。愚痴の記事を投稿する場合はタイトルの欄に一言注意書きをします!

好きなこと:韓国風メイク、韓国語、カフェ巡り、休日のランニングなどなど…。

昔から運動が好きで、今でもバスケサークルに所属していて週末は仲間と一緒にバスケをしています。

運動系の趣味のある方、ぜひコメントを残していってください!たくさんの人に読んでもらえると嬉しいです!