吹抜にした結果西向きで夏は西日がきつく暑い。冬は寒いので後悔しています

吹抜にした結果西向きで夏は西日がきつく暑い。冬は寒いので後悔しています

まず、ショールームに行き、吹き抜けの良さを体感。子どもたちも喜んでいたため、家族みんなで、どうしても吹き抜けがほしい!と言う心理になってしまった。

結果、夏は暑く、冬は寒いリビングが出来上がってしまった。

後々、家を建ててくれていた大工さん(話し合いは代理店の担当者)から、「吹き抜けをつける家は珍しいね。ここを潰せば流行りのウォーキングクローゼットも、もしくはもう一部屋取ることだってできたのに、どうしても吹き抜けにしようと思ったの?」と言われ、立てている時点で確かに!と思いました。

その後、暖房の効きの悪いリビングはいつも薄ら寒く、夏場もあつーい家になってしまいました。

家の設計図が出てきた時点で、いろいろな人にどう思う?と打診し、色々な意見を聞くことがとても大事で、実際住んでからどうなるのか、住んでみてどうしていきたいのかと言ったイメージ力がかけていたんだと思います。 

もしも、また、同じような家を建てるとしたら、吹き抜けよりもウォーキングクローゼットを!

西向きの大きな窓よりも、東向きの自然光を取り入れられる心地の良い窓を取り付けて、夏は涼しく、冬は温かい家にしていきたいと思います。

想像力が大事!

あわせて読むとおすすめ⇒帯広市の注文住宅

admin

コメントは受け付けていません。